スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクノ御三家が時空を越えてDiorに認められる時代に欠けているもの(プラスチックスとStereo Totalに捧ぐ)

フランス語



 YouTubeでDiorのプロモーションを発見して(ブリジット・バルドーっぽいモデルはオランダ人のDaphné Groeneveld。監督はスウェーデン人のJonas Åkerlund)、フレンチな感じがなかなか良かったので観続けていたら、驚いた。
 昔聴いていたプラスチックス(YMO、ヒカシューとともに「テクノ御三家」に数えられたグループ)の「I Love You Oh No」が流れたからだ。
 でも、ヴォーカルが日本人じゃなくて、演奏の感じもフレンチポップっぽい感じだったから、この曲は1960年代のポップスのカヴァーだったのかと思った。
 でも、調べたら、これが違った。原曲はやっぱりプラスチックスで、それをフランス人とドイツ人から成るStereo Totalというグループがカヴァーしていたのだ。

・原曲(プラスチックス)
http://youtu.be/FVrvI7pGMak

・カヴァー(Stereo Total)
http://youtu.be/EV-H_sw7aQQ




 「I Love You Oh No」は不思議な曲だ。
 原曲はどう聴いても80年代っぽい和製テクノポップだが、Stereo Totalによるカヴァーは、南仏紺碧海岸のリゾート地サントロペで撮影されたディオールのCMの映像と相俟って、どう考えても1960年のイエイエっぽい雰囲気に換骨奪胎されているのだ。
(ただし、立花ハジメ先生のギターをはじめ、プラスチックスは元来60年代のスウィンギング・ロンドンの文化を多分に内包したバンドだったが)

 一昨年のワールドハピネスでプラスチックスを見た時は「ピテカントロプスも今は昔。過去の遺物だな」と失望した。今後、プラスチックスを再評価することはないと思った。しかし私は間違っていた。プラスチックスは時空を越えてウケる力を持っていたのだ。
(ピテカントロプスについて詳しく知りたい方は宮沢章夫『東京大学「80年代地下文化論」講義』をご覧ください)

◆ ◆


 あらためて、凄いと思うのは、出鱈目な和製英語と思っていたプラスチックスの歌詞がそのまま欧州でカヴァーされ、DiorのCMにまで使われていることだ。
 歌詞を引用する。

I love you, ONO
Diamond ring, CHA CHA
Holiday sun, OPQ
Planet earth presents you

Big money,
Big system,
Big fame,
Big brother

I need you, ONO
Silver fox, CHA CHA
Swimming pool, ZAP ZAP
Planet earth presents you

Big money,
Big system,
Big fame,
Big brother

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

I want you, ONO
18 gold, CHA CHA
Wedding march BANG BANG
Planet earth presents you

Big money,
Big system,
Big fame,
Big brother

I love you, ONO
I need you, CHA CHA
I want you, OPQ
Planet earth presents you

Big money,
Big system
Big fame
Big brother

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

I need you, ONO
Silver fox, CHA CHA
Swimming pool, ZAP ZAP
Planet earth presents you

Big money,
Big system,
Big fame,
Big brother

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

No no no no i don't need it..

No no no no I don't need it


 この風刺(巨大なシステム、ビッグブラザー、などなど)がいかにも1980年代っぽいが、村上春樹の『1Q84』と共にこういう歌詞が2010年代の欧州でウケているのが面白い現象だ。

 オタク文化に媚を売って一部のオタク外国人にウケる海外進出のやり方(クールジャパン?)が悪いとは言わない。
 だが、そんな安直な創造でいいのか? 安直な文化の騙し売りでいいのか?
 警察はコンプガチャの代わりにAKB商法を取り締まれ、とまでは言わない。
 ネトウヨの皆さんは、本当に日本をよくしたいのならフジテレビではなく秋元康の自宅の前でデモをすべきだ、とまでも言わない。 
 ただ、30年以上かけてこのような形で認めてもらう方が遥かにカッコいいし、そういう方向を目指すべきなのではないか。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

スコセッシ監督が選んだ必見の外国映画(非アメリカ映画)39本

アメリカ英語 フランス語

 映画.comというサイトに「スコセッシ監督が、映画監督志望の若者に推薦する傑作39本」というニュースが載っていた。

 このリストは、マーティン・スコセッシ監督がピクサーに勤務するコリン・レヴィという名の若者に必見の外国映画を伝えたもので、この若者のブログにそのリストがアップされた。
(リストはすべて米国以外の映画で、米国の映画に関しては、スコセッシ監督による米国映画のドキュメンタリー映画A Personal Journey with Martin Scorsese Through American Movies [DVD] [Import]のDVDが一緒に送られてきたという)

 39本のうち、フランス映画は10本を占めている。

「大いなる幻影(GRAND ILLUSION)」(ジャン・ルノワール)
「ゲームの規則(THE RULES OF THE GAME)」(ジャン・ルノワール)
「天井棧敷の人々(CHILDREN OF PARADISE)」(マルセル・カルネ)
「美女と野獣(BEAUTY AND THE BEAST)」(ジャン・コクトー)
「大人は判ってくれない(THE 400 BLOWS)」(フランソワ・トリュフォー)
「ピアニストを撃て(SHOOT THE PIANO PLAYER)」(フランソワ・トリュフォー)
「勝手にしやがれ(BREATHLESS)」(ジャン=リュック・ゴダール)
「はなればなれに(BAND OF OUTSIDERS)」(ジャン=リュック・ゴダール)
「ウィークエンド(WEEKEND)」(ジャン=リュック・ゴダール)
「肉屋(LE BOUCHER)」(クロード・シャブロル)

(※全39タイトルは一番下にコピペします)


 このリストを観て思ったことを書きたい。

 1点目。クロード・シャブロルの「肉屋」が入っていることに驚いた。
 残りの9本は教科書どおりと言っていい選択だが、「肉屋」だけは、あえて39本しか入らないリストに入れるべき映画なのか? と首をかしげたからだ。

 だが、よく考えれば、スコセッシ監督らしい選択かもしれないと思った。
 「シャッター・アイランド」など、スコセッシ監督が撮るサスペンス映画は独特の雰囲気を持っているが、言われてみれば、「肉屋」にも似たような、抑え気味のひんやりと冷たい雰囲気があるからだ。
 さらに、「肉屋」に登場する哀しげな肉屋の青年の出自がスコセッシ作品の登場人物に似ていることにも気付いた。
 「肉屋」の青年は、心に闇を抱えているのだが、これはインドシナ戦争とアルジェリア戦争に出征して受けたトラウマのせいだ。
 …もうお分かりですね。「タクシー・ドライバー」のロバート・デ・ニーロ演じるトラヴィス青年です。
 シャブロル監督が「肉屋」でアルジェリア戦争の帰還兵を取り上げたのと同様、「タクシー・ドライバー」もヴェトナム戦争の帰還兵を取り上げている。
 もしかしたら「肉屋」が「タクシー・ドライバー」に影響を与えたかもしれない。すると、「肉屋」を選んだのはスコセッシらしい選択かもしれない。

 2点目。メリエスの「月世界旅行」が入っていないこと。
 「ヒューゴの不思議な発明」を撮ったスコセッシがどうして「月世界旅行」を入れなかったのか? これも良く考えれば、「ヒューゴの不思議な発明」を観れば自ずと「月世界旅行」を観ようと思うから、あえてリストに入れなくてもいいということかもしれない。

 3点目は、
 …思いつかないので宿題にします。

(※後記:この文を書いた数日後に3点目が思い浮かびました。さばムンド「カトリック司祭志望としてのマーティン・スコセッシ監督」をご覧ください)





※スコセッシが選んだ必見の外国映画(非アメリカ映画)39本

「メトロポリス」(フリッツ・ラング)
「ドクトル・マブゼ」(フリッツ・ラング)
「吸血鬼ノスフェラトゥ」(F・W・ムルナウ)
「ナポレオン」(アベル・ガンス)
「大いなる幻影」(ジャン・ルノワール)
「ゲームの規則」(ジャン・ルノワール)
「天井棧敷の人々」(マルセル・カルネ)
「無防備都市」(ロベルト・ロッセリーニ)
「戦火のかなた」(ロベルト・ロッセリーニ)
「揺れる大地」(ルキノ・ビスコンティ)
「自転車泥棒」(ビットリオ・デ・シーカ)
「ウンベルトD」(ビットリオ・デ・シーカ)
「美女と野獣」(ジャン・コクトー)
「東京物語」(小津安二郎)
「生きる」(黒澤明)
「七人の侍」(黒澤明)
「雨月物語」(溝口健二)
「山椒大夫」(溝口健二)
「天国と地獄」(黒澤明)
「絞死刑」(大島渚)
「いつもの見知らぬ男たち」 (マリオ・モニチェリ)
「若者のすべて」(ルキノ・ビスコンティ)
「大人は判ってくれない」(フランソワ・トリュフォー)
「ピアニストを撃て」(フランソワ・トリュフォー)
「勝手にしやがれ」(ジャン=リュック・ゴダール)
「はなればなれに」(ジャン=リュック・ゴダール)
「ウィークエンド」(ジャン=リュック・ゴダール)
「追い越し野郎」(ディノ・リージ)
「情事」(ミケランジェロ・アントニオーニ)
「欲望」(ミケランジェロ・アントニオーニ)
「革命前夜」(ベルナルド・ベルトルッチ)
「肉屋」(クロード・シャブロル)
「四季を売る男」(ライナー・ベルナー・ファスビンダー)
「不安は魂を食いつくす」(ライナー・ベルナー・ファスビンダー)
「マリア・ブラウンの結婚」(ライナー・ベルナー・ファスビンダー)
「さすらい」(ビム・ベンダース)
「アメリカの友人」(ビム・ベンダース)
「カスパー・ハウザーの謎」(ベルナー・ヘルツォーク)
「アギーレ・神の怒り」(ベルナー・ヘルツォーク)

テーマ : 映画ニュース
ジャンル : 映画

フランス2、NHKと東電サル問題(下)

(※の続き)

 さらに言えば、そもそも完全な誤訳でもない吹き替えに対して誰がクレームをつけ、謝罪させたのか?

 これは推測だが、かなりの確率で東京電力自体だと思われる。最初は「東京電力のような大企業がそんなことしないよ、ましてや、事故の後処理とかで忙しいだろうし…」と思っていたが、東電のサイトを見たら、これがあながち下衆の勘繰りでもないと確信するに至った。

 東電のトップページからTEPCOニュースに入って、その中の「当社関連報道について」というページに入ると、東電がものすごい頻度で、あらゆるメディアに対し、抗議をしまくっているのだ。朝日、読売、毎日、日経、東京新聞、NHK、テレ朝、TBS、週刊現代、日刊工業新聞、電気新聞…。すべて見ている。

 こいつらはビッグブラザー気取りなのか? あるいは、こいつらはどんだけ暇なんだろうか?と呆れてしまう。こんな下らない作業にどれだけの人員を割いているだろうか?
 「そんなに暇な余剰人員がいるのなら、サルじゃなくてそいつらの首にGPSと線量計を付けて福島第一原発の周りを調査させろ!」…とまでは言わない。だが、いちいちメディアの言論を監視してホームページに逐一掲載したりするような無駄な因習は今すぐやめるべきだ。そうすれば、コストは少し削減され、引いては電気料金の値上げ幅も圧縮できるかもしれない。
 「東京電力は安易に電気料金を値上げする前に、やるべきことをやり、削るべきものは削るべきだ!」と思われる方は↓「拍手」↓を押してください。

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

プロフィール

鯖田鮫蔵(さばた・さめぞう)

Author:鯖田鮫蔵(さばた・さめぞう)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。