スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランソワ・オランド大統領就任1年で気付いたこと

 遅きに失した感があるが、フランソワ・オランド大統領(社会党)の就任1周年でようやく気付いたことがある。

 フランス国内では失望の声も増えているオランド政権だが、1年前はサルコジを引きずり下ろす熱狂を増幅させる熱いメッセージが確かにあった。

 この機会に1年前の選挙演説を振り返りたい。



 自身のスローガン、「変化、それは今だ(Le changement, c'est maintenant !)」にちなんだ終盤(1:08~)に注目したい。

Eh bien le changement, le changement, c'est maintenant !
Le redressement, c'est maintenant !
La justice, c'est maintenant !
L'espérance, c'est maintenant !
La République c'est maintenant !
Le changement, j'y suis prêt ! Vive la République, et vive la France !


 昨年春の時点では、誰もこの熱狂をそのまま伝えられる翻訳をつけられなかった。
 だが、昨年後半以降、日本語ではそれが可能になった。

いつ変わるか。今でしょ!
いつ立て直すか。今でしょ!
正義、今でしょ!
希望、今でしょ!
共和国、今でしょ!
誰が変えるか。私でしょ!共和国万歳、フランス万歳!


 「今でしょ!」(フランス語では「セ・マントゥナン」)のフレーズが使えるのは現状に停滞感、倦怠感、閉塞感及び不満が蔓延している時だ。
 昨年のフランスにはそのムードがあったので、オランドの「今でしょ!」が利いた。

 昨年の米国や韓国でも停滞感や不満はあったが、それが十分ではなく、また、相手候補にも「今でしょ!」のようなインパクトが欠けていたため、政権交代は起きなかった。

 そして、日本では政権交代が起きた。安倍が「今でしょ!」と言ったわけではないが、少なくとも現在までの株価や為替の急激な値動きを見るかぎり、アベノミクスに「今でしょ!」の効果があり、時代もそれを求めていたのである。
 (民主党も他の政党もしばらくは低迷を続けるだろう。なぜなら今、「今でしょ!」のフレーズを専売特許として使えるのは他ならぬ安倍政権だからだ)

 ただし、オランド政権にしても、安倍政権にしても、「今でしょ!」の風には乗ったが、長期的に結果を残すかどうかは別問題だ。
 (いわゆる、ボウリングのヘッドピンは倒したものの、ストライクを取れるかどうかは別問題、ということだ)
 「今」しか見えない近視眼の政治家では終わってほしくない。
(と言うと、安倍は変な方向に暴走するので、おとなしくしていてほしい)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鯖田鮫蔵(さばた・さめぞう)

Author:鯖田鮫蔵(さばた・さめぞう)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。