スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマの出現と熱狂を予言した(?)映画『ヒップホップ・プレジデント』

アメリカ英語



 初の黒人大統領誕生をネタにしたクリス・ロックの初監督作品『ヒップホップ・プレジデント』(Head of State)が作られたのは、ジョージ・W・ブッシュがまだ1期目の2003年。当時、一介の地方議員に過ぎなかったバラク・オバマが民主党大会でケリー候補の応援演説に立ち、一躍注目を集めた前年だ。
 オバマが再選を狙う米大統領選挙が進行中の2012年の現在からすれば『ヒップホップ・プレジデント』の新鮮味は少々薄れるかもしれない。だが、逆に言えば、この作品はオバマの出現と熱狂を予言した作品と言える。

◆That ain't right!

 クリス・ロック扮する市会議員が突然、党の上層部から「アメリカ大統領選に出ろ」と持ちかけられる。クリス・ロックは「南アメリカ? 北アメリカ? マジかよ!」と驚きつつ、選挙活動を始め、支持率を一ケタ台からじりじり上げていく。

 紋切り型の演説を繰り返す白人政治家に、リズム感あふれるスラング交じりの弁舌で切り込む。スタンドアップ・コメディー出身のクリス・ロックの真骨頂が見られるのは、演説シーンや討論会のシーンだ。米国の現状を「That ain't right!」と何度も繰り返しながら批判し、対立候補の副大統領に「お前には経験がない。素人(amateur)だ」と突っ込まれると、「Yes, I'm an amateur. キング牧師だって若かった。みんな最初は素人だ。Yes, I'm an amateur.」と逆手にとる。
 2012年からみれば、このスタイルはYes we canを繰り返したオバマそのものだ。オバマも実際、2008年の大統領選の際に、黒人スラングに由来するain'tを用いたりもしている。オバマは『ヒップホップ・プレジデント』を観たのだろうか?






◆God Bless (only) America?

 ただ、オバマとの違いがある。クリス・ロックは討論会の最後に「God bless America(米国に神の祝福を)だけど、ジャマイカとかハイチでも貧しい人たちが暮らしている。米国以外の国にも神の祝福を!」と語る。だが、オバマは中間選挙で負けて以降、国内の景気や失業などの問題にかかりきりで、「米国以外の国にも神の祝福を」と考える余裕はなかったようにみえる。おそらく、今年の大統領選でもこうした余裕はないだろう。世界の覇権を握る米国の大統領が、果たしてこのような姿勢でよいのか?

 オバマ旋風が起きていた2008年、日本でもオバマブームのような状況になっていた。だが、村上龍は熱狂する大衆を尻目に、編集者ノブエに対して「なんでそんなに日本人が盛り上がる必要があるの? オバマだろうとマケインだろうと、日本人の生活はほとんど何も変わらないのに」と語っていた。その冷めた言いぶりが当時は妙に印象に残ったが、今思えば村上龍の発言は正しかった。オバマ政権は米国人以外には関係ないものになっているからだ。
 オバマ大統領には、今こそ『ヒップホップ・プレジデント』の討論会のシーンを観て(観直して)もらいたい。



.

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

テクノ御三家が時空を越えてDiorに認められる時代に欠けているもの(プラスチックスとStereo Totalに捧ぐ)

フランス語



 YouTubeでDiorのプロモーションを発見して(ブリジット・バルドーっぽいモデルはオランダ人のDaphné Groeneveld。監督はスウェーデン人のJonas Åkerlund)、フレンチな感じがなかなか良かったので観続けていたら、驚いた。
 昔聴いていたプラスチックス(YMO、ヒカシューとともに「テクノ御三家」に数えられたグループ)の「I Love You Oh No」が流れたからだ。
 でも、ヴォーカルが日本人じゃなくて、演奏の感じもフレンチポップっぽい感じだったから、この曲は1960年代のポップスのカヴァーだったのかと思った。
 でも、調べたら、これが違った。原曲はやっぱりプラスチックスで、それをフランス人とドイツ人から成るStereo Totalというグループがカヴァーしていたのだ。

・原曲(プラスチックス)
http://youtu.be/FVrvI7pGMak

・カヴァー(Stereo Total)
http://youtu.be/EV-H_sw7aQQ




 「I Love You Oh No」は不思議な曲だ。
 原曲はどう聴いても80年代っぽい和製テクノポップだが、Stereo Totalによるカヴァーは、南仏紺碧海岸のリゾート地サントロペで撮影されたディオールのCMの映像と相俟って、どう考えても1960年のイエイエっぽい雰囲気に換骨奪胎されているのだ。
(ただし、立花ハジメ先生のギターをはじめ、プラスチックスは元来60年代のスウィンギング・ロンドンの文化を多分に内包したバンドだったが)

 一昨年のワールドハピネスでプラスチックスを見た時は「ピテカントロプスも今は昔。過去の遺物だな」と失望した。今後、プラスチックスを再評価することはないと思った。しかし私は間違っていた。プラスチックスは時空を越えてウケる力を持っていたのだ。
(ピテカントロプスについて詳しく知りたい方は宮沢章夫『東京大学「80年代地下文化論」講義』をご覧ください)

◆ ◆


 あらためて、凄いと思うのは、出鱈目な和製英語と思っていたプラスチックスの歌詞がそのまま欧州でカヴァーされ、DiorのCMにまで使われていることだ。
 歌詞を引用する。

I love you, ONO
Diamond ring, CHA CHA
Holiday sun, OPQ
Planet earth presents you

Big money,
Big system,
Big fame,
Big brother

I need you, ONO
Silver fox, CHA CHA
Swimming pool, ZAP ZAP
Planet earth presents you

Big money,
Big system,
Big fame,
Big brother

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

I want you, ONO
18 gold, CHA CHA
Wedding march BANG BANG
Planet earth presents you

Big money,
Big system,
Big fame,
Big brother

I love you, ONO
I need you, CHA CHA
I want you, OPQ
Planet earth presents you

Big money,
Big system
Big fame
Big brother

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

I need you, ONO
Silver fox, CHA CHA
Swimming pool, ZAP ZAP
Planet earth presents you

Big money,
Big system,
Big fame,
Big brother

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

No no no no I don't need it
Perfect system I am fallin'

No no no no i don't need it..

No no no no I don't need it


 この風刺(巨大なシステム、ビッグブラザー、などなど)がいかにも1980年代っぽいが、村上春樹の『1Q84』と共にこういう歌詞が2010年代の欧州でウケているのが面白い現象だ。

 オタク文化に媚を売って一部のオタク外国人にウケる海外進出のやり方(クールジャパン?)が悪いとは言わない。
 だが、そんな安直な創造でいいのか? 安直な文化の騙し売りでいいのか?
 警察はコンプガチャの代わりにAKB商法を取り締まれ、とまでは言わない。
 ネトウヨの皆さんは、本当に日本をよくしたいのならフジテレビではなく秋元康の自宅の前でデモをすべきだ、とまでも言わない。 
 ただ、30年以上かけてこのような形で認めてもらう方が遥かにカッコいいし、そういう方向を目指すべきなのではないか。

テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

スコセッシ監督が選んだ必見の外国映画(非アメリカ映画)39本

アメリカ英語 フランス語

 映画.comというサイトに「スコセッシ監督が、映画監督志望の若者に推薦する傑作39本」というニュースが載っていた。

 このリストは、マーティン・スコセッシ監督がピクサーに勤務するコリン・レヴィという名の若者に必見の外国映画を伝えたもので、この若者のブログにそのリストがアップされた。
(リストはすべて米国以外の映画で、米国の映画に関しては、スコセッシ監督による米国映画のドキュメンタリー映画A Personal Journey with Martin Scorsese Through American Movies [DVD] [Import]のDVDが一緒に送られてきたという)

 39本のうち、フランス映画は10本を占めている。

「大いなる幻影(GRAND ILLUSION)」(ジャン・ルノワール)
「ゲームの規則(THE RULES OF THE GAME)」(ジャン・ルノワール)
「天井棧敷の人々(CHILDREN OF PARADISE)」(マルセル・カルネ)
「美女と野獣(BEAUTY AND THE BEAST)」(ジャン・コクトー)
「大人は判ってくれない(THE 400 BLOWS)」(フランソワ・トリュフォー)
「ピアニストを撃て(SHOOT THE PIANO PLAYER)」(フランソワ・トリュフォー)
「勝手にしやがれ(BREATHLESS)」(ジャン=リュック・ゴダール)
「はなればなれに(BAND OF OUTSIDERS)」(ジャン=リュック・ゴダール)
「ウィークエンド(WEEKEND)」(ジャン=リュック・ゴダール)
「肉屋(LE BOUCHER)」(クロード・シャブロル)

(※全39タイトルは一番下にコピペします)


 このリストを観て思ったことを書きたい。

 1点目。クロード・シャブロルの「肉屋」が入っていることに驚いた。
 残りの9本は教科書どおりと言っていい選択だが、「肉屋」だけは、あえて39本しか入らないリストに入れるべき映画なのか? と首をかしげたからだ。

 だが、よく考えれば、スコセッシ監督らしい選択かもしれないと思った。
 「シャッター・アイランド」など、スコセッシ監督が撮るサスペンス映画は独特の雰囲気を持っているが、言われてみれば、「肉屋」にも似たような、抑え気味のひんやりと冷たい雰囲気があるからだ。
 さらに、「肉屋」に登場する哀しげな肉屋の青年の出自がスコセッシ作品の登場人物に似ていることにも気付いた。
 「肉屋」の青年は、心に闇を抱えているのだが、これはインドシナ戦争とアルジェリア戦争に出征して受けたトラウマのせいだ。
 …もうお分かりですね。「タクシー・ドライバー」のロバート・デ・ニーロ演じるトラヴィス青年です。
 シャブロル監督が「肉屋」でアルジェリア戦争の帰還兵を取り上げたのと同様、「タクシー・ドライバー」もヴェトナム戦争の帰還兵を取り上げている。
 もしかしたら「肉屋」が「タクシー・ドライバー」に影響を与えたかもしれない。すると、「肉屋」を選んだのはスコセッシらしい選択かもしれない。

 2点目。メリエスの「月世界旅行」が入っていないこと。
 「ヒューゴの不思議な発明」を撮ったスコセッシがどうして「月世界旅行」を入れなかったのか? これも良く考えれば、「ヒューゴの不思議な発明」を観れば自ずと「月世界旅行」を観ようと思うから、あえてリストに入れなくてもいいということかもしれない。

 3点目は、
 …思いつかないので宿題にします。

(※後記:この文を書いた数日後に3点目が思い浮かびました。さばムンド「カトリック司祭志望としてのマーティン・スコセッシ監督」をご覧ください)





※スコセッシが選んだ必見の外国映画(非アメリカ映画)39本

「メトロポリス」(フリッツ・ラング)
「ドクトル・マブゼ」(フリッツ・ラング)
「吸血鬼ノスフェラトゥ」(F・W・ムルナウ)
「ナポレオン」(アベル・ガンス)
「大いなる幻影」(ジャン・ルノワール)
「ゲームの規則」(ジャン・ルノワール)
「天井棧敷の人々」(マルセル・カルネ)
「無防備都市」(ロベルト・ロッセリーニ)
「戦火のかなた」(ロベルト・ロッセリーニ)
「揺れる大地」(ルキノ・ビスコンティ)
「自転車泥棒」(ビットリオ・デ・シーカ)
「ウンベルトD」(ビットリオ・デ・シーカ)
「美女と野獣」(ジャン・コクトー)
「東京物語」(小津安二郎)
「生きる」(黒澤明)
「七人の侍」(黒澤明)
「雨月物語」(溝口健二)
「山椒大夫」(溝口健二)
「天国と地獄」(黒澤明)
「絞死刑」(大島渚)
「いつもの見知らぬ男たち」 (マリオ・モニチェリ)
「若者のすべて」(ルキノ・ビスコンティ)
「大人は判ってくれない」(フランソワ・トリュフォー)
「ピアニストを撃て」(フランソワ・トリュフォー)
「勝手にしやがれ」(ジャン=リュック・ゴダール)
「はなればなれに」(ジャン=リュック・ゴダール)
「ウィークエンド」(ジャン=リュック・ゴダール)
「追い越し野郎」(ディノ・リージ)
「情事」(ミケランジェロ・アントニオーニ)
「欲望」(ミケランジェロ・アントニオーニ)
「革命前夜」(ベルナルド・ベルトルッチ)
「肉屋」(クロード・シャブロル)
「四季を売る男」(ライナー・ベルナー・ファスビンダー)
「不安は魂を食いつくす」(ライナー・ベルナー・ファスビンダー)
「マリア・ブラウンの結婚」(ライナー・ベルナー・ファスビンダー)
「さすらい」(ビム・ベンダース)
「アメリカの友人」(ビム・ベンダース)
「カスパー・ハウザーの謎」(ベルナー・ヘルツォーク)
「アギーレ・神の怒り」(ベルナー・ヘルツォーク)

テーマ : 映画ニュース
ジャンル : 映画

ロンドンはフランス第6の都市

イギリス英語 フランス語

 BBCが「ロンドンはフランス第6の都市(London, France's sixth biggest city)」(Lucy Ash記者)という面白い記事を載せている。

 どういうことかというと、フランス人の居住人口だけで見ると、ロンドンはリールやボルドーなどを抑えて第6位になるというのだ。

 今回は、BBCの記事を発見する元になった、ルモンド(Le Monde)のブログ記事(La sixième ville française est anglaise)を抄訳する。


 在ロンドン仏領事館によると30~40万人のフランス人がロンドンに住んでいる。その多くはイーストエンド地区に集まっている。
 ルーシー・アッシュ記者は、フランス移民流入の歴史を17世紀までさかのぼり、カトリック勢力が強いフランスで迫害を受けたユグノー(カルヴァン主義者)たちがこの地区にやってきたのが始まりだとしている。

Selon le consulat français à Londres, 300 000 à 400 000 citoyens français vivent dans la capitale britannique, dont nombre d'entre eux dans le quartier d'East End. Un flux migratoire qui, comme le rappelle la journaliste Lucy Ash, remonte au XVIIe siècle, avec l'arrivée des huguenots fuyant les persécutions de la très catholique France.


  記事は主にロンドンを住みかに選んだフランス人の証言でつくられている。
 イラストレーターのマリカ・ファーヴルは今後、ロンドン以外の都市に住む気はないという。
 「7年前、美術学校を出てすぐロンドンに来ました。帰国したいとはまったく思いません」
 マリカにとって、ロンドンは世界に飛び込むための道であり、フランス的な官僚主義から解放される手段でもある。

L'article se compose essentiellement de témoignages de Françaises ayant choisi de vivre dans la capitale britannique. Malika Favre est dessinatrice, et pour elle le choix est définitif : "Je suis venue à Londres juste après mon diplôme d'école d'art. C'était il y a sept ans et je n'ai aucune intention de revenir." Elle considère la ville comme une voie d'accès à la mondialisation et comme un moyen de se libérer de la bureaucratie française.
 

 英企業は仏企業よりも若者にチャンスを与えてくれる。広告会社で働くマリーヌ・シュパンスはそう思っている。英国ではフランスよりも契約を打ち切るのが簡単だからだ。
(訳注:契約終了が容易だということは、労働市場の流動性が高いということだから、若者にもチャンスが多く回ってくる、ということらしい)
 「1年前に転職に踏み切りました。フランスにいたら、転職をしようとは思いもしなかったでしょう。フランスで職を得るのはとても難しいから。フランスではいったん就職したらその仕事にしがみつくしかないんです」

Pour Marine Schepens, qui travaille dans une agence de pub, les sociétés britanniques sont plus disposées à donner une chance aux jeunes personnes que les sociétés françaises, car il est plus facile pour elles de mettre fin aux contrats qu'en France. "J'ai changé de carrière il y a un an, mais je n'aurais jamais fait ça en France. J'aurais tout de suite pensé 'j'ai tellement de chance d'avoir un travail - je dois m'y accrocher'", assure-t-elle.
 


 ボルドー出身のジャーナリスト、ナデージュ・アルジーヌはフランス人コミュニティー向けのサイトを作っている
 「ヴァカンスを楽しみたいならフランスに残ったほうがいいけど、冒険してスキルを高めたいのならロンドンに住むべきでしょう」

Nadege Alezine, une journaliste de Bordeaux, a elle créé un site Internet destiné à la communauté française, intitulé Bealondoner.com. "Si vous voulez la sécurité et des belles vacances, restez en France. Si vous cherchez l'aventure et à acquérir de nouvelles capacités, il faut venir ici", juge-t-elle.
 

 ロンドンの住居費の高さについても触れる必要があるだろう。パリの2倍も高いのだ。マリカは語る
 「ブリックレーン(訳注:イーストエンド地区の通り)には南京虫やネズミもいるんですが、アパートの家賃は、フランスでアパートを買えるぐらい高いです」

Pourtant, il faut souligner le prix exorbitant des logements londoniens, deux fois supérieurs à ceux pratiqués à Paris. Malika témoigne : "A Bricklane, nous avions des punaises et des rats. Pour la même somme, j'ai loué une chambre, tandis qu'en France des amis avaient leur propre appartement."
 

 ウィキペディアによると、ロンドンの人口は近郊を含めると約1260万人。その中の30~40万人ということなので、結構な割合だろう。
 この多さを考えるために、東京の中国人人口を考えよう。
 サーチナの記事によると、東京に住む中国人は約16万人。東京都の人口は約1300万人。つまり、ロンドンのフランス人は、東京の中国人の2倍から3倍近くいるということだ。
 当然、これだけ多くのフランス人が流入すると、イギリス人との軋轢も起きるだろう。
 BBCの記事はそのあたりのことも書かれているようだが、話が長くなるので、また別の機会に触れたい。




 

ヤキソバ!テカマキ!ショーユ!…セウ・ジョルジの新曲だよ。空耳アワーじゃないよ。

ブラジル・ポルトガル語



 半年ほど前に出たSeu Jorge(セウ・ジョルジ)のニューアルバム「Músicas Para Churrasco Vol.1(ムジカス・パラ・シュハスコ Vol.1)」(直訳すると「シュラスコのための音楽その1」)の中にトンデモ楽曲が存在する。その名も「ジャポネーザ」(日本人女)。日本人にとっては異様なほどのリズム感の凄さと、日本人にとっては異様なほどの歌詞の卑俗さのギャップから、強烈な中毒性を醸し出す危険な歌だ。



 曲の構造はA-A-A'-Bの流れを2回繰り返した後、Cを8回繰り返しています。

【A】
日本女はありがとうと言ってくれる
おとといは日本女の寿司を食べたぜ(刺身もね)
狂いそうなくらい愛してる
日本女の恋人になりたい
日本女のたまごっちになりたい

Japonesa vou dizer arigatô
Eu anteontem comi o seu sushi(seu sashimi)
Perdidamente apaixonado estou
Eu quero ser o seu amado
Quero ser seu tamagochi


【A'】
愛をくれ
キスをくれ
とにかくくれ
箸を用意してくれ
それにサケを一杯
箸は練習するぜ
カポエイラはやめる
だってカラテをやるんだから

Me dê carinho
Dê beijinho
Com jeitinho
Me prepara a madeira
Com um pouquinho de saquê
Tô aprendendo a comer de palitinho
Vou largar a capoeira
E praticar o karatê


【B】
俺のゲイシャ
俺には不満なんてないぜ
でもカネがない
俺には1レアルもない
お前だって
1円も持ってないけどな
俺には1レアルもない
お前だって
1円も持ってないけどな

Oh minha gueixa
Sei que eu não posso me queixar
Mas realmente eu fiquei sem dinheiro algum
Não tenho um real
Você também não tem
Nenhuma moedinha de yen

Não tenho um real
Você também não tem
Nenhuma moedinha de yen


【C】
焼きそば 焼きそば
鉄火巻き
焼きそば 焼きそば

焼きそば 焼きそば
鉄火巻き
焼きそば
醤油

Yakisoba, yakisoba
Tekamaki
Yakisoba, yakisoba
Kani
Yakisoba, yakisoba
Tekamaki
Yakisoba
Shoyo


 Bの後のスキャット(?)は「円 円円円 円円円 円円円円円円円」と言っているようにも聞こえる。

 この歌詞を見て「日本人女性をステレオタイプにはめて馬鹿にしてる」と憤る方もいるかもしれないが、よく歌詞を見れば、ブラジル人の自分自身をもちゃんとステレオタイプにはめて(「カポエイラ」など)楽しんでいることが分かる。
 先進国の上から目線で見ると、ブラジルはポリティカリーコレクトの意識が低い後進国、と見えるかもしれない。しかし見方を変えれば、民族や人種の違いをネタにして楽しめるくらいタブーなき健全な国であるとも言える。
 フランスとブラジルに行ってみると分かる。フランスでは白人は白人だけでつるみ、黒人は黒人だけでつるみ、アラブ人はアラブ人だけでつるんでいることが多い。でもブラジルではみんな混ざって楽しんでいる。
 フランスの国是は「自由・平等・博愛」で、ブラジルの国是は「秩序と進歩」だが、現実は逆かもしれない。




プロフィール

鯖田鮫蔵(さばた・さめぞう)

Author:鯖田鮫蔵(さばた・さめぞう)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。